和歌山の建築家

あなたの夢を叶える和歌山の建築家19人

写真
写真

辻堂東の家

「まち」に開く家。外部に大きく開くことにより、周辺地域と心地よい距離感を生み出しています。日本の住宅の心地良く刺激的な場所である縁側。
東西に長く配置された建物は、建物全体が縁側のような空間となっています。室内空間は一体となっていて、家族の気配がどこにいても感じられる空間構成となっています。

写真
写真

湯浅の家(リノベーション)

伝統的な建築物が並ぶ「湯浅の町並み」にほど近い場所にある住宅のリノベーション。外観は、古き良き湯浅の町並みの木格子をイメージし、人・車通りの激しい道路から、住空間を守るようなデザインとしています。室内は「光と風を建物全体に取り込む」をテーマに、全面的に改修しています。

写真
写真

和歌山東の家

【建てようネット和歌山で建てた家】
分譲地の中に建つ住宅。周辺地域から切り離されたように、いくつもの住宅分譲地開発が進む地域。
周囲地域と分譲地内の住宅、その両方との心地よい関係性・距離感を保つことができるよう、1階部分を地域に開放し、互いの交流の場に提供しています。子ども達が走り、人々が軒下で語り合える「こうえん」のような空間に建つ住宅です。

写真
写真

保田の家(リノベーション)

【建築雑誌「LiVES」掲載】
先祖代々続くミカン農家の家のリノベーション。
「先祖代々の家屋敷を守る」という言葉のように、これからも親から子、子から孫へと住み続けていく空間をつくっていくためのきっかけとなるリノベーション。
古くから続く居住空間を見直し、再構築し、外部でもあり内部でもある「屋外居間」設置することで、つながっていく次の世代の増築を可能としています。

写真
写真

西三谷の家

【MBS「住人十色」出演】
「自然と共に生きる家」
この地域の自然の恵みを十分に取り入れ、自然の脅威から身を守る。
軒は太陽の光を季節によってコントロールし、低く抑えた軒と鉄筋コンクリートの高い腰・ベランダは、庭の大きな樹木と共に、建物を風雨から守ります。室内の床高さを調整することで、屋内外からの視線をコントロールしています。室内空間は一体となっていて、家族の気配がどこにいても感じられる空間構成となっています。