トピックス

建てようネットの新着情報&お知らせ

» 2017/03/26/

男のロマンと女性の憧れが調和した住まい


main

たくさんの希望を詰め込みながら
予算内で叶える建築家のアイデア
「男のロマンと女性の憧れが共存するマイホームとなると、なかなか既製では難しいものがあります。建てようネット和歌山は雑誌で見て知っており、職場の同僚もお世話になったこともあり、イベントに出向いたのがきっかけです」。ご夫婦でご来場いただき、お二人のイメージとお話から、株式会社「スタジオパートスリー」の中道哲也さんをマッチング。
 まずは生活の中心となる1 階のLDKと、ご主人の趣味室に注力。LDKは奥様の管轄。家具類を生かしたデザインを要望されました。「家具だけでなく、雑貨など買い集めたものはすべてお気に入り。それらを見せる形で、毎日の生活に潤いを…と考えました」と奥様。あえて見せるために、キッチンカウンターには大胆にもブロック調の内壁を採用。無機質な質感の相乗効果で、無垢材のダイニングテーブルや無垢の床がより引き立ち、さらに色のある雑貨類が持ち味を発揮しています。
 ご主人はバイクの収納とメンテナンスができる場所を希望。ビルトインガレージが基本。DIYもたしなむご主人は、木工だけでなく、鉄類も曲げたりくっつけたり。新居に合わせてタオル掛けを作るほどです。天気のいい日はガレージを開放し、太陽の下で作業することもできます。
 「難しかったのは予算との兼ね合い。好きだけを詰め込めば、その分、場所も予算もどんどん膨れ上がります。予算とのバランスを考え、アイデアとデザインで勝負してくれるスタジオパートスリーのチームワークに感謝です」。

お家レポートはこちら

建てようネット旧トピックス