和歌山の建築家

あなたの夢を叶える和歌山の建築家19人

写真
写真

荊本の家

20代後半の若い夫婦が暮らす地元木材を使用したローコスト住宅
将来のライフスタイルに合せ、部屋を間仕切れるように
木造躯体の計画をおこなっています。

外観は周りの建物環境に合せて屋根型を採用しました。
間仕切りとなる建具を極力無くしたことや、二階床の一部にスノコを採用したことで、
各部屋が緩やかにつながります。
コンパクトな外観とは反して、広がりを感じる内部空間となっています。

写真
写真

岩出の家

30代前半の夫婦と子供二人が暮らす住宅です。
駐車スペース、二階リビングを希望されました。
建物前面の道路と裏側の田園風景をどのように
つなぐかがポイントでした。
植栽とバルコニーのスクリーンで開口をコントロール
しながら階段室の大きな窓で内と外がつながります。
内部は天井高さに変化を持たせ、住人を包み込む
ような空間になっています。

写真
写真

紀伊の家

角地に建つこの住宅は植栽スペースを道路沿いにとることで
地域に対しても気持ちの良い空間を提供することができています。
玄関先の駐車スペース奥に中庭があります、スクリーンを設けることで外部の視線を気にすることなく開放的なリビングに。
キッチンの後ろ全体に収納がありますが、壁のように演出することでスッキリした住空間を得ることができました。
シャープな外観に反して、内部は部分的に無垢の木を表現して柔らかい空間になっています。

写真
写真

桃山の家

大屋根に包まれるシンプルで心地よい住空間。
中庭では夏の木陰と秋の紅葉というように季節の移ろいを楽しむことが出来ます。玄関に入ると伸びやかな勾配天井広がり、実際以上の広さを感じることができます。玄関収納家具を間仕切りにして、奥はダイニングを中心に、キッチン、リビングと連続するワンルームスペース。必要以上に高さをとることなく落ち着きのある吹抜けになっています。特徴はLDKに段差があること、一つの部屋ではありますがゆるやかに空間のすみ分けをつけています。

写真
写真

湯浅の家

大きな屋根のポーチ空間が特徴的です。
広々としたLDKに多目的に使用できる和室が連続しています。
温熱環境を考慮し、間仕切りにより階段室を独立空間とすることができます。
またそこに、大きな開口部をとることで良い景色を望むことができ、
ファサードのアクセントにもなっています。