和歌山の建築家

あなたの夢を叶える和歌山の建築家19人

写真
写真

善明寺の平家

計画の土地を見せて頂いた時に、平家建てがいいと直感しました。
土間スペースを中心に、左にパブリックゾーン、右にプライベートゾーンを配し、
通常の2階建ての階段を土間と考え、横にスライドした型にした。
広い庭を創り込むには、費用的にも、メンテナンスも大変なので、4mのやまぼうしの株立ちと、古い石臼を飛び石として、配置してシンプルでいて、印象的な庭にした。

写真
写真

毛見の家

前面道路が国道であり、プライバシーを考え、2階にLDKを配した。
又、2階にしたことで、周辺の山並みや桜をLDKから借景することが出来た。
階段スペースとダイニニングの間仕切り壁を、強化ガラスにすることで、より広く感じるようにした。

写真
写真

センターコートのある家

近年開発された分譲地での計画、土地探しから参加し、あえて北側が前面道路となる敷地を選んで頂いたことで、北側に、数台置ける駐車スペースを確保しながら、外に対して閉ざし、南側と中庭に対して開くことで、プライバシーを確保しつつ、明るい空間をつくれた。
家の中心に設けた中庭と吹き抜けで、何処にいても、家族の気配を感じることが、出来る。

写真
写真

水盤のある家

南西の角地での計画。玄関と車庫の入り口は、西側に設け、大通り側の南側は、プライバシーを考え、壁面のみとし、庭ヘのアプローチの為の格子の回転ドアのみとした。
バリ好きのご夫婦に、中庭に水盤を提案し、日常の中にバリの気分を感じられる空間とした。

写真
写真

有田川町の家

駐車場と住宅の部分を渡り廊下的につなぐ事で、家相で決められた単調な矩形に変化を与えた。
玄関横にある客間としての和室の二軒の床の間。版築という左官の手法を用いた。
土の持つ独特の質感で、落ち着きと力強さを表現できた。