和歌山の建築家

あなたの夢を叶える和歌山の建築家19人

写真
写真

玉津の住宅

わずか43.21㎡(13坪)の市街地の狭小地に建つ木造住宅です。
3階のヴォリュームを建物の軸に対して14°振り、建物の外壁との間にできる隙間を吹抜としました。その吹抜の上部にはトップライトを設け、2階のLDKに自然光を落としました。
また、3階の平面上14°振った2つの壁の内一方は、垂直に対しても傾かせ、階段と重なる部分は折り返され、折り紙の様になっています。

写真
写真

House F

市街地の狭小地に建つ木造住宅です。
木と塗装の壁による静かで柔らかな空間を目指しました。
明るい室内、開放性のある空間を確保したうえで、密度のある空間とめりはりをつけました。
時間の経過とともに光や陰影の移り変わりが感じられる「余白」を目指しました。

写真
写真

House K リノベーション

既存の鉄筋コンクリート造2階建ての住宅を構造体のみ残し、鉄骨造で3階を増築したリノベーションです。
1階から3階まで吹抜を設け、1階まで光を導く様にしました。
2階にはピアノ・スペースを設け、音色が吹抜を通して各階に届く様にしました。この空間は「廊下」とも「部屋」とも違う「曖昧な空間」です。この空間は生活にゆったりとした雰囲気を与えます。

写真
写真

玄米カフェ実身美(サンミ)大阪 阿倍野店

2階建て木造長屋の店舗へのリノベーションです。
既存建物の2階の床に穴を開け、吹抜によって上下階の空間を繋げました。
エントランス側に配置した階段が、外部と内部を緩やかに分節します。
既存建物の屋根構造材を露出させました。
壁、ドア、家具が「断片」として白い空間に浮遊しています。

写真
写真

Steel Panel House

楠本菊實+Ks ARCHITECTS在籍時担当物件です。
母世帯、子供(兄)世帯、子供(弟)世帯の計10人が生活する3世帯住宅です。
ご兄弟は家業を継ぎ、敷地横にある鉄工所を経営しています。
外壁のスチールパネルは施主兄弟が自ら制作し、取付は施主の友人が行いました。
半セルフビルドの住宅です。